ビットコインの詐欺について

ビットコインの世界にも詐欺トラブルはある!

世界中で親しまれているビットコインでの取引ですが、ここ何年かではビットコインによる詐欺のトラブルもいくつかが挙げられています。

ビットコインの仕組みを知らないかたやビットコインでの取引が初心者である個人や企業に、仮想通貨が儲かるという謳い文句をつけ、自社のコインを売りつける業者がいくつかあります。

詐欺に合わないためにもビットコインを見分ける方法があり、発行体のあるコインは詐欺であることを知っておくことが大切です。

また、管理者や価値を保証しているコインも詐欺である可能性が高くなっています。ビットコインは、中央による発行の主体が設けられていないため、自分だけの管理ではコントロールできないような仕組みになっています。

ビットコインを買うことで企業側から将来100倍以上になる、買取保証の制度を設けている、コインの移動を設けやすくするために弊社でコントロールできる、などという謳い文句はビットコインの詐欺であることを確信できます。

ビットコイン詐欺を見破る方法は?

ビットコインの発行量の上限が提示されていたり、勝手に発行したビットコインを個人に売りつけるような好意はビットコインの詐欺であるため、見極めが大切となっています。

採掘が存在していなかったり、購入のメリットを大袈裟に主張している場合も詐欺であることが多く、ビットコインの基準をはみ出した取引をすることは危険です。

そのため、ビットコインでの取引を行うときには、仕組みや購入方法、ビットコインについての特徴をよく理解した上で、詐欺に引っかからないよう気をつけることも大切です。

 

仮想通貨購入方法ナビ

ビットコインについて私が1番参考にしたサイトです。丁寧に解説してあります。

ビットコインの購入について

ビットコインの購入方法

仮想通貨でもあるビットコインは、インターネット上のショッピングサイトでも簡単に使えるお金と似たようなものです。

一般的な仮想通貨とは異なり、送金の手数料が一切かからないところが大きな魅力でもあります。

今の日本国内ではまだまだ認知度が低いですが、世界中で知られているため、これからは利用する人も年々増加していくことが予想されています。

ビットコインを購入するメリットは、ネットショッピングに使えることをはじめ、投資の対象として使用することもできるところにあります。

1つあたりのビットコインは、2016年5月の時点で49253円となっており、昨年は3万円程度のであったため、価格が上昇していることがわかります。

0.01ビットコインからの購入単位では、約500円前後となっているため比較的購入しやすいことも特徴となっています。

ビットコインの購入方法は複数

ビットコインの購入方法には何通りかの方法があります。一つ目の方法としては「採掘」という方法があります。おの「採掘」という方法を通じて、ビットコインを手に入れる事ができます。

また、実際のお金(日本円であれば日本円)を支払いその金額分のビットコイン(実際のお金と同じ金額のビットコイン)を手に入れる事も可能です。ビットコインは、取引所や販売所で誰でもご購入ができ、取引所で人気のところもいくつかが挙げられています。

bitFlye(https://bitflyer.jp/?ns=ad01_yahoo_ysem-brand_bf_0&utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=brand)は日本国内でも特に人気が高く、1年中の売買が可能となっています。

平日であれば9時から19時までサポート体制を受けることができ、安全にビットコインの購入をすることができます。

ビットコインは、匿名で購入することもでき、メールアドレスの登録をすればすぐに購入が可能となっています。

また、ビットコインを売りたいと思っている方たちからも購入ができ、インターネット上で検索をかければすぐに購入も可能となっています。

ビットコインの購入・支払いは、口座への振込みや各種クレジットカード、場所によってはコンビニエンスストアでも可能になっています。

いろいろなサイトや購入場所・方法があるため、ご自身に合ったサイトのリサーチしておくのも良い方法となっています。

 

ビットコインの仕組みについて

ビットコインはこのようなシステムで利用できる

日本国内では、ビットコインは2014年にメディアデビューし、続々と人気を集めています。中央を持たなくても、銀行を経由しているかのようにコインのやり取りができる通貨としても知られています。

第三者がコインを勝手に盗むことがないよう公開鍵暗号のシステムが導入され、当事者である人も通貨を二重に重ねて譲渡することができる仕組みとなっています。

この仕組みのことをブロックチェーンといい、この運営に貢献した人にはマイニングという報酬がもらえる仕組みも加えられています。

銀行のように、中央での経由をせずとも1対1にて仮想通貨の取引ができ、P2P技術や暗号技術が用いられています。

同じような仕組みを用いた通過は、ビットコインのほかにも多くのものが存在しているのも現状となっています。

ビットコインは、コインの取引に必要な電子署名での表現をし、ブロックチェーンと仕事の証明によって二重譲渡を防ぎます。

さらに、ブロックを生成した方には、報酬が与えられるマイニングというシステムがあることが大まかな仕組みとなっています。

ビットコインの利便性とは?

ビットコインは本当に便利なシステムです。全てインターネット上で決済が可能なので、ネット通信さえ確保できれば、成果のどこにいてもビットコインを使用した取引が可能です。もちろん送金も非常に便利なので、ネットを経由して世界中のユーザーに送金が可能です。

手数料も無料であったり、わずかな料金での使用ができるため、これからの時代は多くの人がビットコインの詳しい仕組みを知り、実際に利用する人も増えていくことが予想されています。

ネットやゲームなどPCでできることをするだけで、新規のビットコインを発行されることもでき、コンピューターが自動ですべてを計算してくれるため、難しい作業がないところも取り入れやすさのひとつとして知られています。

ビットコインユーザー間では、円と同じ通貨として使用する事ができるビットコイン。国が関与していないこの仮想通貨は、国家の干渉を受けないので色々な流通形態が可能になっています。

ビットコインの採掘について

「採掘」とはどういう意味か?

ビットコインは、換金用のATMや取引所にてスムーズに換金できる仮想通貨となっています。ビットコインの採掘には、他の方の手を借りることなくすべてコンピュータにて行われます。

ビットコインを採掘するときには、この作業に必要な専用ソフトを起動します。そのソフトでもっとも多く取り入れられているのが「Bitcoin-Qt(http://jpbitcoin.com/wallet/bitcoinqt)」というソフトになります。

どなたでも無料で使うことができ、誰でもビットコインの採掘をすることができることから、人気も高くなっています。

採掘作業をするに当たって、常にソフトを見ている必要もなく、PCをシャットダウンしたあとでもソフトのなかで自動的に採掘作業が行われています。

そして、ご自身の都合に合わせ、いつでもビットコインの採掘作業をストップすることができるため、とても便利で楽しい機能がたくさんあります。

MacOS、Windows、Linux、Ubuntuなどに必要なOSも各種で用意されているため、ほとんどのPCで起動をすることができます。

ビットコインの採掘のため、何度もバージョンアップされており、今は0.21.1が最新バージョンとなっています。

ビットコイン採掘のより詳細な情報

ビットコインは、ご自身ひとりでも誰かと協力し合って採掘することもできるなか、人数が多ければそれなりの競争率も生まれていきます。

ビットコインを採掘する人のことをマイナーと呼びますが、共同で採掘するプールマイニングという方法が気楽で獲得できる確率もアップしていきます。

プールマイニングは、スマートフォンやPCの検索画面から入力するといくつかのグループがピックアップされて掲載されています。

ビットコインの採掘をひとりではなく、グループで始めることを目的としている場合は、この方法がとても有効的となっています。

ビットコインの採掘の量は、2016年現在では半減期とされているのも現状です。ですが、年々ビットコインについての知名度も上がり、人気を継続していることから、半減期にもかかわらずいろいろなところでビットコインの採掘をする方たちが増えてきています。

ビットコインの相場について

ビットコインの相場はどれくらい?

ビットコインにも相場はあるのでしょうか。実はあります。

仮想通貨であるビットコインの相場について、ここでは詳しく解説していきたいと思います。

ビットコインとは、採掘マイニングとよばれる取引や通貨発行をインターネット上で行い、分散型仮想通貨のことを言います。

ネットワーク上での取引が行われるため、世界中の誰とでも気軽に貨幣取引ができ、仲介手数料も低価格なことで人気を集めています。

ビットコインの相場について知りたいときには、インターネットで検索をかけるのがおすすめです。

スマホヤPCの検索画面から「ビットコイン 相場」でリサーチをすると、いくつものページが反映されます。

日頃からビットコインの相場について詳しく知る必要がある場合、このようなページをブックマークしておくことでいつでもリアルタイムに相場のチェックができます。

ビットコインの相場を調べる便利なサイトは?

いろいろなビットコインの相場情報をお知らせしているサイトがあるなか、閲覧数が多いのはbitFlyer(https://bitflyer.jp/bitcoin-chart)となっています。

ビットコインの販売所・通貨ペア・1日(24時間取引量)・1週間取引量など、相場をはじめとするいろいろな情報がグラフごとにわかりやすく掲載されているため、リアルタイムでのチェックがすぐにわかります。

ビットコインの相場をはじめ、ビットコインについてどのようなものなのかの解説や、仮想通貨方法の仕方なども詳しい情報が掲載されているため、初心者の方でもスムーズに取引ができるようになります。

そして、ビットコインの相場を知るために、Inversting.com(http://jp.investing.com/currencies/btc-usd)も情報が豊富で知られています。

オンライン取引が3000円無料ボーナスであることも魅力のポイントとなっており、日本・アメリカ・ヨーロッパまで幅広いビットコインの相場がリアルタイムに掲載されています。

初心者・中級者・上級者ごとに最適な会社もピックアップされているため、相場をはじめ取引する会社までもの情報をリサーチすることができ、大きな特徴となっています。

ビットコインの送金について

ビットコインの送金方法

ビットコインを送金するには、まず最初にビットコインの送金先のアドレスを指定します。

このビットコインアドレスは、固有のものであるため、重複がなく、一度に相手への送金を完了させることができます。

アドレスはメールでもツイッターでも大丈夫ですが、インターネット上で同じアドレスが存在しないことが条件です。

銀行口座や世界の国においての指定もなく、ビットコインアドレスを持っていればすぐに送金ができ、QRコードのかたちでも示すことができます。

ビットコインアドレスは、プライバシー管理が守られているため、第3者からその人物を特定されることもなく、固有のアドレスではあるものの所有物までは把握されていません。

ビットコインは交換所や銀行などの仲介者の存在は必要ありませんので、相手のアドレスに直接送るだけで手続きが完了できます。

ビットコインを送金するために、専門の銀行や交換所は現在では設けられていないことも明らかになっています。

どこから送金ができるか?

ビットコインは、世界中のあらゆる場所に送金可能で、https://coincheck.com/contents/money-transferというサイトからも送金ができます。

一般的に送金の手数料は安くないことが知られているなか、ビットコイン取引所での送金は、約9円での送金手数料のため、取り入れやすい方法となっています。

また、サポート体制もしっかりと整っているため、ビットコインを送金する際にわからないことを詳しく知ることができ、トラブルになることもありません。

便利で取り入れやすいという報告もたくさん挙がっているビットコインの送金方法は、相手がビットコインとビットコインアドレスの2つさえあればすぐにできるお手軽さが特徴です。

多くの方に親しまれているAmazonでのワンクリック決済のようなイメージが一番近いのではないかと思います。

ビットコインの送金に当たって、制限や監視などのデメリットがないことから、たくさんの方たちに取り入られていることが明らかになっています。